強い憂うつや意欲の低下などの症状が出たら、仕事や家事にも支障が出る場合があります。うつ病かなと感じても、自分では判断しにくいため、専門家による適切な診断と治療をしてもらうことが大事です。でも、そもそもどこへ受診したら良いのかわからない人も多いはず。ここでは、うつ病治療に関する役立つ情報をお伝えします。

もしもうつ病かなと感じた時に役立つ情報

ここでは、うつ病がどんな病気かということや症状のこと、何科に受診すればいいのかなど、基本的な知識について順に説明していきます。他の病気と一緒で、さまざまな症状が出ているのに放っておいたら、うつ病も悪化することもあります。相談できる機関はあるので、気になる不調に悩んでいる方は利用してみるとよいでしょう。

うつ病の治療に関すること

休養をとって体と心をリフレッシュさせる

心だけではなく、体にも変化や不調が見られるようになるのがうつ病なので、異変を感じた場合は放置したり、我慢したりせず治す方向で考えましょう。病院で医師にサポートしてもらいながら少しずつ回復できるため…

Read More

医師から処方される薬による治療を受ける

精神科でうつ病の治療をする場合、基本的には薬による治療が中心になります。まず処方されるのは抗うつ薬と呼ばれるものです。ただ、最初に処方されたものをずっと飲み続けるとは限りません。というのは、抗うつ…

Read More

精神療法を取り入れて治療していく

うつ病治療にて用いられる手法としては、薬物療法や精神療法がある。その中でも心療内科医が実施してくれる精神療法は、支持的精神療法や認知療法などがある。支持的精神療法は、外来患者や入院患者など幅広く用…

Read More

光トポグラフィー検査とは?

光トポグラフィーとは、人体に安全な近赤外光を使って脳の血流の変化を測定する検査のことです。今まで問診のみで診断していたうつ病を数値で評価できるようになり、より正確な診断が可能になります。

© Copyright About Treating Depression. All Rights Reserved.