医師から処方される薬による治療を受ける

抗うつ薬、抗不安薬などが処方される

精神科でうつ病の治療をする場合、基本的には薬による治療が中心になります。まず処方されるのは抗うつ薬と呼ばれるものです。ただ、最初に処方されたものをずっと飲み続けるとは限りません。というのは、抗うつ薬にはいくつかの種類があり、人によってどり薬が有効かわからなためです。そのため、処方して効かなかったら別の薬、それも効かなかったらまた別の薬という風に、有効な薬が見つかるまではいろいろなものを服用することになります。 抗不安薬もよく処方される薬の一つです。これは名前を見ればわかるように、不安を取り除くための薬で効いた場合は非常にリラックスした気持ちになることができます。また、よく眠れないという場合は睡眠薬も処方されます。

自己判断で薬の服用をやめるのは厳禁

では、医師から処方された薬を飲むにあたって注意すべきことはなんでしょうか。まず、どの薬にも多かれ少なかれ副作用が出るかもしれないという点です。たとえば、服用することで眠くなる、あるいは喉が乾く、食欲が増して体重が増えてしまうというものもあります。こうした副作用の可能性をあらかじめ理解した上で服用するようにしましょう。もし、副作用が出た場合は必ず医師に報告するようにしてください。 なんとなく症状がよくなってきたから、薬の服用をやめるのは非常によくありません。まず、突然薬を飲まなくなることで吐き気など「中止後症状」と呼ばれる問題が発生することがありますし、治りかけていたのに再発してしまうことがあるからです。

© Copyright About Treating Depression. All Rights Reserved.